• 森のわらべについて
  • 森のわらべの保育方針
  • スタッフ紹介
  • 入園のご案内
  • 親子組について

過去のお知らせ

カテゴリー

『森わら広場』に参加して
森のようちえんを体験してみませんか?

初めての方はこちら

お母ちゃん革命

森のわらべ新ブログ

10周年感謝祭

森のわらべ旧ブログ

森のわらべからのお知らせ

  森のたね

本当にゲームばかりさせていていいの?

佐伯和也さんの講演会、おかげさま大盛況でした。 全国で森のようちえんにかかわったお母さんたちが、今度は我が子のために、学校を創っていくのをいくつか見てきましたが、ついにこの多治見でも森わらのお母さんたちが動き出し「自分を生きる学校・MII」が、大きな一歩を踏み出したことを、うれしく思っています。   11221573_908236265921614_3579112441433238344_n   その開校記念として開催した講演会に参加してくださった、大家族お母さんのブログです。   http://ameblo.jp/hinatabocco0710/entry-12067719056.html   すごく丁寧にまとめられていて、 佐伯さんの 「好きなことばかりさせていいんです」、 「ゲームばかりしていても大丈夫なんです」  
・・・の本当の意味をしっかりと受け止めてくれたおひとりだと思います。   11224667_908236242588283_4547744411302179008_n   かずやんの上記のメッセージが、独り歩きしていく怖さを感じています。   森わらが開園当初、「信じて待つ」を強調して理念として伝えていったとき 「道路に出ていこうと歩いていく1歳の我が子を信じて待って、見守っていてもいいんですね」 と真剣に言ったお母さんがみえました。   これは極端な受け取り方だとしたとしても 「自販機のおつりの出てくるところに石を子どもが詰めているのを、どこまで黙って見守って待っていればいいのですか」 とか 「約束の時間に遅れそうなのに、子どもが服を自分で着替えたがるのをどこまで信じて、どこまで待っていればいいのですか」 など、よくよく尋ねられました。   何を信じ 何を待っていればいいのか・・・   そこの意味が伝わらず、表面的な子どもの行動に 振り回されるお母さんたち 多いです。   私もまだまだ そのひとりです。 偉そうなことは言えません。   でも、かずやんの ゲームばかりさせていい・・・   それが一番大事なメッセージではないのに (と 私は思っています) そこばかり 反応している人が多いです。   何が大事なのか・・・   そこをキャッチするアンテナのない人には この言葉を受け取るのは危険だと感じています。   でも、じゃあ何が大事なのか・・・ 子どもの育ちに、私自身の幸せに何が必要なのか・・・   そこをしっかりと受け止められる感度を 私は これからも磨き続けていきたいし、 そのところを わたしは 理論やスキルだけではどうにもならない 日々 子どもと ぐちゃぐちゃになりながら、 感情を丸出しにしながらでなくちゃ やっていられない 「お母さん」に、同じ「お母さん」として 共感し寄り添わせていただきながら、伝えていきたいと思っています。  
11953002_881555251892257_2734204971527498113_n
  しかし、 このブログは嬉しかったなあ~   このお母さん、学校を立ち上げたいという夢もあるんだよね。 9人もお子さんがいらっしゃったら、すでに家の中が学校だけどね・・・ 応援したいな・・・ 園長・浅井智子