• 森のわらべについて
  • 森のわらべの保育方針
  • スタッフ紹介
  • 入園のご案内
  • 親子組について

『森わら広場』に参加して
森のようちえんを体験してみませんか?

初めての方はこちら

森のわらべブログ

講演会・勉強会について 子育てを頑張っているすべてのおかあちゃんに伝えたいことがあります。

講演会・勉強会の依頼について

森のわらべだけの開園だけでなく、全国の森仲間の応援に携わってきた園長・浅井智子の体験に基づいた 森のようちえんの立ち上げ、運営についての講演会&スタッフ研修や、 親御さんを対象にした、生きる力を引き出す子育て勉強会、自然育児についての講演など、みなさんの地元で企画いただければ全国どこでも伺います。

お申し込み方法

下記項目をお問い合わせフォーム内「お問い合わせ内容」に記載いただき、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

お問い合わせはこちら

  • ・開催内容&目的&対象
  • ・開催希望日(何月あたりか) 
  • ・主催者
  • ・会場予定場所
  • ・担当者携帯番号
  • ・パソコンからのメール受信が可能な担当者アドレス

交通費(実費)+宿泊費(実費)+講師料(応相談)のご負担をお願いします。
日程など詳細についてのお尋ねや、ご依頼はお問合せフォームからお願いします。
(基本 日曜日の企画はお受けしていません)

毎月のようにオファーをいただいている浅井の講演会。
下記のようなご感想を主催者様・参加者様よりいただいています。

2009年春から2010年夏まで森わらボランティアスタッフ&親子組会員として経験を積み、同年秋から地元広島市で森のようちえん立ち上げに向けて動き出し、2011年4月から「森のようちえん まめとっこ」として活動しています。
まめとっこ立ち上げ準備真っ最中の2011年から、智ちゃんを毎年お招きして勉強会・講演会を開催し、まめとっこメンバー・広島の森のようちえん仲間・地域のお母さんたちとたくさん学びをいただいてきました。
小さな子どものいる母親は、動き出したくても子どもの存在が足かせのように感じられることがありますが、智ちゃんから「お母さんだからできることがある」という温かく力強いメッセージをもらい、まめとっこメンバーは「お母さんである自分」を何よりの味方にする決意を新たにし、地域のお母さんたちの中には森遊びサークルを立ち上げた方が何人もいらっしゃいます。
広島にも智ちゃんスピリットが引き継がれ、息づき、根づいてきていますよ~!
また智ちゃんに広島で会える日を楽しみにしています。

森のようちえん まめとっこ 石井 千穂

2013年の10月、『森で輝く子どもたち 母たち』という題で講演会をしてもらいました。
智ちゃんには日頃、お姉さんのように保育のこと、運営のことなど色々な相談にのってもらっています。
この講演会もそんな私の相談にのる流れでひとはだぬぐよと引き受けてくれました。
実際の講演会ではご自身の森のようちえんまでの出会いから、乳幼児期の育ちで必要なこと、『正しさよりあたたかさ』『信じて待つ』など、森のわらべさんで大切にされている保育や運営のこと、それから講演会の演目でもある『森で輝く子どもたちや母たち』のことを魅力的に伝えてくれました。
ぶれない信念を伝えつつ、それぞれの立場の人を応援する智ちゃん。
森のようちえんに参加したい人だけでなく、全てのお母さんが我が子の子育てのことや自分自身のことをふりかえったり勇気をもらえた講演会だったと思います。
私を含め、じゃん☆ぽけのみんなにも沢山のエールを送ってくれました。
智ちゃんの講演会でたくさんの人が勇気づけられてhappy になりますように。

野外自主保育 森のようちえん じゃんぐる☆ぽっけ (代表)林 育子

ともちゃんのお話を聞くと、大切なことを次々と思い出すことができます。
我が子の愛おしさ、子どもという存在の素晴らしいさ、そして母親であることの喜び。
子どもにも自分にも優しくなって、肩の力が抜けて、また明日からの子育てに大きな楽しみと希望を見出せる、そんなお話です。
自分を、周りの大切な人たちを、幸せに近づけてくれるヒントであふれています。

自然育児 こどもの庭 園田 智子

森のようちえんの園長先生のお話。と聞くと、「うちの子はもう大きい(まだまだ小さい)から、、」 「アウトドア派じゃないし、、」など、私には、うちの子には 関係ないと思われる方もみえるかもしれませんが、私は 全てのお母さん、お父さん、お子さんにとって必要なお話だと思っています。
森わらの理念の1つである 『信じて待つ』 を大切にすることで、どれだけ子育てが楽しくなり、子どもたちが輝けるのか、、。
今を生きる子どもたちに楽しい毎日を送ってもらうこと。
そして、これからの未来を生きていく 子どもたちにとって、本当に必要な生きていく力とは何かを 考えていくことが、私たち大人が今すべきことだと思います。
ぜひ ともちゃんのお話を聞いてみて下さい。温かいものが心の奥深くに染み込んでいくはずです。

自分を生きる学校 Mii(ミー) 代表 纐纈 育恵